M.ベンツ W216 AMG CL63 エンジン異音、載せ替え修理

メルセデス・ベンツ

W216 CL63  AMG

エンジン異音、始動不良。

と、ゆーことで入庫した車両。

現時点で、エンジンは回らない状態。

完全無欠のロック状態。

今回は、CL63   エンジンから、

E63   エンジンへの

載せ替え奮闘記をお送りします。

p4121754552

まずは、CL63からエンジンを下ろします。

p4121754553

下廻りの外せるものから順番に…

p4121754554

外していこうかな(^^)

p4121754555

フロントパイプを取り外し、

p4121754556

マフラーも取ります。

p4121754557

プロペラシャフトを取り外し、

p4121754559

ミッションを下ろします。

p4121754558

通常は、トルクコンバーターは、ドライブプレートには残しません。

エンジンが完全無欠のロック状態なので、

ドライブプレート、コンバータのボルトを緩めることができず、

仕方なく残しました。

このコンバータをミッションのタービンシャフトに入れる作業が、

自分は苦手で、なかなか入らず

イライラモードになることが多々有ります。

p4121754560

ハーネス類を外し

p4121754561

水、油のパイピングを切り

p4121754562

釣り上げに入ります

p4121754565 (1)

 

なかなか、サクッと降りてしまいました。

p4121754563

きちきちに見えますが、さすがはメルセデス、

整備性を考えてあります。

p4121754566

ガランドーなエンジンルーム

p4121754567

エンジンの分解に入ります。

p4121754568

原因を追求しながらの、

p4121754569

分解です。

p4121754571

まずヘッドカバーを外し、カム周りのチェック。

p4121754572

ん?

p4121754573

これ正常

p4121754574

あれれ?

カム山すり減ってる?

p4121754575

と、ゆーことで、カム外します。

p4121754576

あえて写真載せませんが、磨り減ったカムの下側は、

とんでもないことになっていました。

原因解明!!

p4121754577

中古エンジンも届きましたので、

2機並べての入れ替え作業に入ります。

p4121754578

見比べて

p4121754579

エンジン本体以外の

p4121754580

付け替え

p4121754582

作業に

p4121754584 (1)

なると思い

p4121754585

作業を

p4121754586

進めましたが

p4121754587

以外にも

p4121754591

予想を反する

p4121754589

ところまで違っており

p4121754592

とても大変でした。

p4121754593

オイルパン、オイルポンプの駆動の仕方、

いろいろ考えて、同じようなエンジンでも

制作してあることを学びました。

p4121754594

カム周りの作業は

p4121754595

SST(特殊工具)必要になり

p4121754596

タイミングの合わせ方も

p4121754597

なかなかで、

p4121754598

やってみると、

p4121754599

SSTの便利さを

p4121754600

痛感させられました。

p4121754601

更に分解入れ替えは続きます

p4121754603

カムを外し

p4121754604

フロントカバーも外していきます

p4121754605

この辺りも、全く違いました。

p4121754606

フロントカバーが外れ、

p4121754607

オイルポンプの駆動チェーンも

p4121754608 (1)

形状が違うため入れ替え

p4121754609

本当にブロックと、ヘッド以外は全て入れ変えることに…

p4121754610

ここから組み付けですが、

p4121754611

この先にまだ悲劇が待っているとは

予想もしてなかった

p4121754612

ほとんど、入れ替えの目度がたち

タイミングチェーンを組み付けていきます。

タイミングを出すためのSST

これがないと組み付けできません

かなり省略して

組み付け状況をお伝えしておりますが、

本当に、猫の手も借りたいほど忙しかったので、

営業の方にも手伝ってもれいました。

この辺りまでくれば、ゴールは近いのですが

この後に発覚したのが、

フロントカバーの形状の違い。

ほんの少しですが形状が違うために

補機類が取り付けできない事態に…

そんな回り道をしながらも

最終段回へ

役目を終えたエンジンも組み付けてやりましょうか…

何度もイイますが、ホントにかま回パーツまで

品番が違うのには驚きました。

載せの作業

降ろしとは逆の手順で

組んでいきます

油脂類を入れ

緊張のエンジン始動

ま、なんてことなく問題なし(^^)v

この後、少し乗り込んでみます。

以上!!

ガレージヤマイチ株式会社

輸入車をメインにSUPERCAR、国産車の整備を、

20年のキャリアと最新の技術を導入し、

リーズナブルかつスピーディーに

最新のサービスを提供します。

輸入車、SUPERCARをお乗りで、

修理にお困りの方、ご相談承リます。

0568-34-9546(サービス工場)

スタッフ募集中

車好きな仲間達、一緒に働いてみませんか?

 

 

No Comments Yet.

Leave a comment

You must be Logged in to post a comment.