フェラーリ F360 スパイダー F1 エンジンチェック 続編

 

先日、御入庫頂きました、フェラーリF360 スパイダー F1 エンジンチェック点灯の原因である

イグニッションコイルとプラグが到着しましたので、作業再開です。

 

イグニッションコイルの3番が不調でエンジンチェックが点灯しておりました…

 

本来であれば、3番のみの交換でも復活致しますが、

H様、さすがです!!

予防整備として、8本全部交換の御用命を頂きました。

本当にお車を大切にして頂き誠にありがとうございます。

 

新旧のパーツです。

 

まずは、プラグ。

上が現車に付いていたプラグで、下が新品のプラグです。

 

こちらにイグニッションコイルとプラグを組み付けます。

 

 

組み終わった後で、エンジン始動…

 

 

 

前回の写真で点灯していた、エンジンチェックが消えました。

 

その後、試運転をして確認。

 

完璧です!!

 

 

とても良いオーナー様に所有して頂いております、

F360 スパイダー F1 の整備記録でした。

 

 

 

Comments are closed.